FC2ブログ
 
■プロフィール

Pさんりんしゃ

Author:Pさんりんしゃ
岩手高原や小岩井農場近辺の四季や情報をお届けします。

※検索で来られた方へ。
最新情報はブログのトップページからご覧いただけます。

お問合せ
 ・電話 019-693-2311
 ・email メールフォーム

当ペンションの施設等については、HPをご覧ください。
●PENSIONさんりんしゃホームページ

■旅行予約


楽天トラベル◆当宿の予約ページへ



じゃらんnet◆当宿の予約ページへ

※Pさんりんしゃ ℡.019-693-2311

■リンク
■お気に入りサイト
■カテゴリー
■最近の記事
■最近のコメント
■ブログ検索
■天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■月別アーカイブ
■最近のトラックバック
■count
■ブログ内検索

■RSSフィード
■Tools
弘前満開
弘前城


 いい天気に誘われて、弘前に桜見物に行ってきました。

 どこの桜もそうですが、こちらも例年よりもずいぶん早く満開を迎えていました。
 開花情報のHPで二日前には3分咲きとなっていたお堀の桜並木も、つぼみはほとんど残っていません。さくらまつりは4月23日からだそうで、本丸以外は無料で入ることができました。なんだか申し訳なくなるほど、見事な咲きっぷりです。
 それなりに混んではいましたが花見客の姿も思っていたほどではなく、ゆっくり桜を眺めることができました。

外堀


 どこを歩いても桜、桜、桜。
 角館や小岩井農場などはロケーション込みの美しさという印象がありますが、弘前はとにかく桜そのものの量が圧倒的です。異世界に迷い込んでしまったような気分になります。

外堀2


オートバイサーカス

おばけ屋敷

 まつりは二日後でも、屋台村や不思議な出店はしっかり出ていました。
 おばけ屋敷では女の子が悲鳴が…。外に出ていたハリボテおばけはむしろ笑いを誘ったのですが、そんなに怖いのでしょうか…。

堀と橋


さくらさく


 弘前のソメイヨシノは今がピークで、今後は本丸の枝垂桜が見ごろになりそうです。
 満開のときもきれいですが、散り際の桜吹雪やお堀を埋め尽くす花びらも楽しみですね。


 ちなみに、雫石町の桜も一部見ごろになってきたようです。
 小岩井農場の桜も咲き始めました。観光協会と小岩井農場のHPに写真付で開花情報が出ていますので、週末のドライブの前にぜひチェックしてみてください。

◆雫石町内の桜の開花状況
・雫石町観光協会HP(→雫石の桜情報)
 http://www.shizukuishi-kanko.gr.jp/
・小岩井農場まきば園HP(→まきばの散歩道)
 http://www.koiwai.co.jp/makiba/



花の名所 | 23:21:06 | Trackback(0) | Comments(0)
2008年サクラハヤクサク
 盛岡市の岩手公園の桜が咲きました。
 2008年4月12日、盛岡地方気象台による開花宣言です。

いつもより早い春 盛岡・桜開花宣言 岩手日報HPの記事へ

 4月12日に開花宣言というのは、昨年より8日、平年より11日も早いそうです。満開は一週間後の20日前後になりそうだとか。盛岡の裁判所前にある「石割桜」もぽつぽつ咲き始めたらしいという話を週末頃に聞いたので、満開も同じくらいでしょうか。

 一方、小岩井農場の桜は通常だいたいGW後半頃に見ごろになっていましたが、こちらも早そうですね。牧草地も枯れ草の茶色から、あっという間に緑色になってきました。昨年は花芽を鳥に食べられてしまって寂しい桜でしたが、今年はきれいに咲いてくれるのでしょうか。NHKドラマ『どんど晴れ』ですっかり名所として有名になった「小岩井農場の一本桜」の姿も楽しみです。

桜準備中
一週間ほど前の写真です。土が黒いですね…(2008.04.06)


<小岩井農場の一本桜>
場所:雫石町の小岩井乳業工場そば(当ペンションから車で15分)
駐車場:有
問合せ先:小岩井農場まきば園 http://www.koiwai.co.jp/makiba/index.html
TEL019-692-4321 FAX019-692-0303


 ちなみに先週末、秋田県にある水芭蕉の名所・刺巻湿原(さしまきしつげん)に行きました。こちらは遊歩道と駐車場が整備されていて、花の咲く湿地を散策できるようになっています。
 もう見ごろになりかかっていましたが、水芭蕉まつりは4月12日から。昨日から開催中ですね。始まってもすぐに見ごろが過ぎてしまうのではと思ったりしました。

刺巻湿原の水芭蕉
見ごろにはちょっと早いくらいでしょうか。(2008.04.06)

<刺巻湿原ミズバショウ群生地>
場所:田沢湖刺巻(国道46号線沿い。当ペンションから車で1時間)
問合せ先:仙北市田沢湖観光情報センター「フォレイク」
TEL:0187-43-2111
アクセス:JR田沢湖線利用で刺巻駅下車徒歩15分
    またはJR田沢湖駅より羽後交通バス「急行秋田線」利用で刺巻駅前下車徒歩15分
秋田県仙北市HP:
http://www.city.semboku.akita.jp/sightseeing/spot/04_sashimaki.html

田沢湖観光協会HPに最近の写真があります。西木のカタクリ情報も。


 この時期には旅行会社もたくさんお花見ツアーを組んでいるでしょうが、今年はタイミングを合わせるのが大変そうです…。

 それにしても、ミズバショウにカタクリにコブシに桜。
 あちこちで一気に花の話題が出始めた感じです。東北の春はにぎやかですね。

三兄弟




花の名所 | 12:16:30 | Trackback(0) | Comments(0)
菜の花日和
070521_菜の花満開

 今度こそ「いちめんのなのはな」です。
 晴天の太陽の下では、本当にまぶしいほどの黄色の洪水です。

 まさに今が見ごろのこの菜の花畑は、小岩井農場にあります。
 小岩井農場まきば園の駐車場に入っていくと、正面に華やかな黄色が目に飛び込んでくるはずです。
 よく畑や田んぼを利用した菜の花畑がありますが、こちらはゆるやかな斜面に花畑が広がっています。駐車場から見下ろす波打つ黄色い丘は、素晴らしい眺めです。

トラクターバス


 ところでこの菜の花畑、残念ながら中に入ることはできません。基本的には駐車場から見下ろすか園内のSLホテル脇あたりから眺めて楽しむことになります。

 ただ、園内で週末に運行する「トラクターバス」なる乗り物では中まで入ることができます。トラクターが引く車にガタゴト揺られて、正面に岩手山を臨む絶景の花見ポイントに連れて行ってもらえます。
 基本的には週末運行(雨天は運休)で、天気のいい日はもしかしたら特別に運行するかも……ということです。平日に遊びに行って、もし動いていたらラッキーですね。

070521_菜の花畑


 小岩井農場の「菜の花まつり」は6月10日まで。
 もうしばらくこの鮮やかな黄色を楽しむことができそうです。

※6月4日追記
 ほとんど散ってしまいました……。


小岩井農場まきば園

花の名所 | 01:45:34 | Trackback(0) | Comments(6)
西木村のカタクリ畑
 秋田県仙北市西木(旧西木村)にある「八津・鎌足 かたくり群生の郷」がちょうど見ごろだという話を聞いて、ちょっと行ってきました。

070424_西木村カタクリ

 いちめんのなのはな……ではなくて「いちめんのかたくり」ですね。

 カタクリ群生地というと、林の中で樹間にひっそり咲き誇っているようなイメージがあります。
 しかしこちらの群落では、山の中腹に拓かれた栗畑に花畑が広がっています。栗畑に片栗畑なんてシャレのようですが、とにかく紫の花がびっしりと地面を埋め尽くして、紫のじゅうたんを広げたような素晴らしい眺めでした。

070424_カタクリ株

 よく管理されているのか、ひとつの株が大きいのも特徴です。
 これなど、十本は花が出ているような……。
 カタクリという植物は、発芽してから花が咲くまで7~8年もかかるという話です。ここまでなるのには何年かかったのでしょうね。

 ところで群生地には、ときどき色の抜けて白花になった“白いカタクリ”が混じっているという話もよく聞きます。今回は見つけられませんでしたが、探してみるのも楽しいかもしれません。

070424_カタクリを見る人

 この日(2007.4.24)は天気もよく、たくさんの人がカタクリの花畑の眺めを楽しだり写真を撮ったりしていました。
 こちらの群生地には、早咲き~遅咲きまで一つの山の中にたくさんのポイントがあります。これから見ごろを迎える場所もあって、まだまだ楽しむことができそうです。ゴールデンウィークはきっとすごい混雑になるのでしょうね。

◆八津・鎌足 かたくり群生の郷
場所:秋田県仙北市西木(旧西木村)
開園期間:4月中旬~GW頃?(要問合せ)
料金:協力金として1人300円
主催:八津・鎌足カタクリ福寿草保存会
問合せ先:仙北市西木地域センター地域振興課観光班
℡0187-43-2244

花の名所 | 13:38:25 | Trackback(1) | Comments(0)
小岩井の一本桜(5月9日夕方)
 小岩井農場はちょっと遅れてただ今桜まっさかりです。
 今週末まで楽しめるのではないでしょうか。

 夕方、帰りがけに一本桜のところへ寄りました。

2006_05_09_小岩井一本桜
小岩井一本桜(2006.05.09.19:00ごろ)※クリックで800×580に拡大。

 もう日が沈んで暗くなっていたのですが、まだ車が6~7台あってカメラが並んでいました。
 シルエットなのではっきり分かりませんが、撮影していた方に聞いたところによると満開近いようです。

2006_05_09_咲き具合
↑咲き具合はこんな感じです。満開直前といったところでしょうか…。

 明日の朝もよさそうですね。
 小岩井農場全体では、桜に加えて他の種類の花も咲き始めており、百花繚乱といった趣です。

↓ただこのスポットは畑にするためか、芝生を掘り返してしまいました。残念。
小岩井道路_桜並木と岩手山
小岩井道路_桜並木と岩手山※この写真は今年撮影したものではありません

 ここは岩手山に向かって道路の右側は桜、左側は新緑の白樺と、車で通るだけでもたいへん見事な景色を楽しめます。
 写真撮影に限らず、ドライブがてら遅い花見に出かけてみてはいかがでしょうか。

テーマ:季節の風景 - ジャンル:写真

花の名所 | 21:47:09 | Trackback(0) | Comments(0)
雫石町の桜情報
雫石町内の一本桜の情報を取り上げた記事はこちら

本日(2006年5月7日)、近くを通った方によると…。

◆弘法桜は咲いているそうです。
◆小岩井の一本桜は咲き始めたそうです。

花の名所 | 22:11:24 | Trackback(0) | Comments(0)
春子谷地の水芭蕉群生地
 花の名所のご紹介です。
 岩手郡滝沢村の春子谷地にある、水芭蕉群生地です。

※この記事に掲載している写真は今年撮影したものではありませんが、本日見てきた人の話によると、そろそろ見ごろだそうです。

水芭蕉群生地_滝沢村春子谷地

 場所は小岩井道路の「お山の湯」付近から、滝沢IC方面に向かう道路の途中です。看板があり、車で入ることができます。
 穴場的な名所で、それほど混雑はしません。
 道路沿いの一段低い場所に群生しており、写真撮影にもおすすめです。

 もう見ごろらしいので、お出かけの際はお早めにどうぞ。

◆春子谷地水芭蕉群生地
場所:滝沢村春子谷地。湿原の手前(当ペンションから車で15分)
見ごろ:四月中旬~下旬(そろそろ見ごろ)
駐車場:無
問合せ先:滝沢村役場(http://www.vill.takizawa.iwate.jp/




テーマ:四季 -春- - ジャンル:写真

花の名所 | 22:33:25 | Trackback(0) | Comments(0)
雫石町内の一本桜
 雫石町内の一本桜のご紹介です。

※この記事に掲載している写真は今年撮影したものではありません。

小岩井農場_一本桜_2005_05_01

 小岩井農場の一本桜です。
 場所は小岩井道路から小岩井乳業の工場がある道路に入り、工場を過ぎて少し行ったところの右手。牧草地に一本の桜、天気が良ければバックに残雪の岩手山を望むことができます。
 毎年、だいたい4月末~ゴールデンウィーク頃に見ごろになり、観光客やカメラマンで賑わいます。映画『壬生義士伝』でも使用されました。
 ただ、この場所は近くに駐車場がなく、道路沿いに路上駐車することになります。通行、駐車の際は充分にお気を付けください。

※追記 2007年に駐車場が整備されました。


弘法桜

 一方、こちらは弘法桜。
 樹齢約800年、高さ約10m、根元の幹周り約7mのエドヒガンで、雫石町の天然記念物に指定されています。
 場所は町内にあるガーデニングショップ『花工房らら倶楽部』の駐車場わき。
 写真にもある通り、満開の時期はライトアップもされています。
 車は『花工房らら倶楽部』に停めることができます。


◆小岩井農場の一本桜
場所:雫石町の小岩井乳業工場そば(当ペンションから車で15分)
見ごろ:4月下旬~5月上旬
駐車場:有

◆弘法桜
場所:雫石町の花工房らら倶楽部(当ペンションから車で15分)
見ごろ:4月中旬~4月下旬
駐車場:有

問合せ先:雫石町役場HP(http://www.town.shizukuishi.iwate.jp/)


花の名所 | 13:23:10 | Trackback(1) | Comments(2)
かたくりの花畑
 花の名所のご紹介です。
 西和賀町(旧 沢内村・湯田町)の、安ヶ沢カタクリ群生地です。
 カタクリ(片栗)は早春に薄紫色のかわいらしい花を咲かせます。花が咲くまでに7~8年もかかる貴重な植物です。
 岩手県内にはいくつか群生地があって、ここもその一つ。たくさんの観光客やカメラマンが訪れる名所です。

※この記事に掲載している写真は今年撮影したものではありません。

かたくり群生地_沢内村_2004
(この写真は色がいまいちですが、実際には紫のじゅうたんを敷き詰めたような綺麗な光景です)

 ちなみに群生地の中には山桜の木が生えています。
 上記の写真を撮った2004年はタイミングがずれましたが、数年に一度、カタクリと山桜が同時に咲くことがあるそうです。
 さて、今年は……。

白いかたくり_旧沢内村_2004

 基本的には紫色の花ですが、ときどき白いカタクリも見つかります。
 ただ、この群生地では微かに紫がかっていて、真っ白いものは県内の岩泉町にあるカタクリ群生地で見ることができるそうです。

 また奥には水芭蕉群生地もあり、遊歩道の先にある貯水池でクロサンショウウオの卵も見ることができます。鶏の卵大で房になった白い卵が水中に見えて、なかなか不思議な光景です。
 ぜひ足を伸ばしてみてください。

 なお、この群生地は私有地です。マナーを守って鑑賞して下さい。
 カタクリのハイシーズンは協力金を数百円徴収していました。


◆安ヶ沢カタクリ群生地
場所:西和賀町安ヶ沢地区(旧 沢内村内。当ペンションから車で50~60分)
見ごろ:4月下旬~5月上旬
駐車場:有
問合せ先:
西和賀町役場HP(http://www.town.nishiwaga.lg.jp/)


花の名所 | 12:22:58 | Trackback(0) | Comments(0)
前のページ