■プロフィール

Pさんりんしゃ

Author:Pさんりんしゃ
岩手高原や小岩井農場近辺の四季や情報をお届けします。

※検索で来られた方へ。
最新情報はブログのトップページからご覧いただけます。

お問合せ
 ・電話 019-693-2311
 ・email メールフォーム

当ペンションの施設等については、HPをご覧ください。
●PENSIONさんりんしゃホームページ

■旅行予約


楽天トラベル◆当宿の予約ページへ



じゃらんnet◆当宿の予約ページへ

※Pさんりんしゃ ℡.019-693-2311

■リンク
■お気に入りサイト
■カテゴリー
■最近の記事
■最近のコメント
■ブログ検索
■天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■月別アーカイブ
■最近のトラックバック
■count
■ブログ内検索

■RSSフィード
■Tools
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
八幡平で花見
120709_7月の八幡平

 7月の八幡平です。
 残雪もほとんどなくなって、花の季節です。

120709_ハクサンチドリ 120709_ウマノアシガタ

 アスピーテラインの頂上付近には、ハクサンチドリがたくさん咲いていました。

 しかし今回の目的地は、さらに先です。
 岩手から秋田に入ってさらに下って、玉川温泉方面に向かう途中の…。

120709_キスゲ畑

 ここです!

120709_ニッコウキスゲ

 ニッコウキスゲは一日一輪咲いては枯れていくのだそうですが、ちょうど最初の花が咲いたころのようです。まだまだ次のつぼみがたくさん控えて(?)いました。満開一歩手前といった雰囲気だったので、まだしばらく楽しめそうです。

120709_ワタスゲキスゲ

 写真を撮っていた人に聞いたところ、今年は例年に比べてワタスゲが少なくてちょっと物足りないとのこと。それとなぜかコバイケイソウがほとんど花芽をつけていません。花にもいろいろ事情があるのでしょうか。

120709_紅白

 ツツジやサワフタギ?をはじめ、よく見ると他にもたくさん花が咲いていました。

 ちなみにこの湿原は道路沿いに駐車場があって遊歩道も整備されているのに、なぜかいつもそれほどは混んでいません。もったいないような気もしますが、木道が細いのであんまり混んでも困るかもしれませんね。
 さらにちなみに、ここは日本の滝百選の一つに向かう入り口の一つでもあります。三時間くらいかかる上にものすごく大変らしいですが…。

120709_キスゲいっぱい

 大場谷地でした!






スポンサーサイト
花の名所 | 00:20:07 | Trackback(0) | Comments(0)
八幡平フラワーランド
 6月9日にオープンした八幡平市の『八幡平フラワーランド』に行ってきました。八幡平市西根の焼走り溶岩流に行く道の途中にあります。『サラダファーム』というとご存知の方も多いのではないでしょうか。

 もともとは味付け卵の直売店があって、ガーデニングの花苗を売っていて、イチゴ狩りができるようになって、いつからか馬がいるようになって、ドッグランもできて…とここ数年どんどん大きくなってきたなあと思っていたら、今年6月に花のテーマパークのようなこの施設がオープンしました。

120628_花だらけ

 入園料を払ってゲートをくぐると、岩手山をバックに鮮やかな花々が目に飛び込んできます。
 最近、宿根草のやわらかく穏やかな色合いのガーデンを見る機会が多かったため、第一印象は「華やか! にぎやか!」でした。

120628_ばら

 バラもたくさんありました。
 見頃の花もありましたが、つぼみもあってこれから開花するものも多そうです。

120628_アルパカお散歩

 園内には三頭のアルパカがいました。お散歩タイムには触れ合ったり写真を撮ったりできます。すばらしいふかふかっぷりでした。ただ暑さ対策か、二頭はお腹周りの毛を刈られてスリムなボディになっておりました…。

120628_おませさん

 かなりの広さがあって花の種類もたくさんあるので、写真を撮るのも楽しかったです。

120628_カラフルロード

 花は季節ごとに咲くようにいろいろ植えられているようです。ユリのつぼみがたくさんあったので、このあと咲き始めるのでしょうね。

 今年オープンということもあって、正直なところまだ花の株の間に地面が目立つ状態です。今のところはガーデンの完成度というよりは、とにかく植えられたさまざまな花々の鮮やかさを楽しむといった雰囲気でした。数年して株が育った頃に見てみたいと思いました。

 飲食はガーデン内に軽食やドリンクのコーナーもあって、入り口には洋食レストランもあります。また道路を挟んだ反対側に花や園芸品の直売施設といちご狩り農園(要予約)、小動物のふれあいコーナーなどがあります。
 今まではどちらかというと「花苗と卵の産直」というイメージの場所でしたが、今回のフラワーランドのオープンで、新しい観光スポットが増えたという感じですね。

120628_花畑

◆サラダファーム
<八幡平フラワーランド>
住所:岩手県八幡平市平笠2-6-333
TEL:0195-75-2500
営業時間:9:00~17:00※季節変動あり
入場料:大人500円、小学生200円

http://salad-farm.jp/index.html



花の名所 | 22:15:46 | Trackback(0) | Comments(0)
小岩井農場のサクラソウ
 桜の季節が終わって、今度は桜草が咲いています。

110518_花畑

 サクラソウは湿地に生える多年草で、桜の花に形が似ていることからその名がついたと言われる花です。
 小岩井農場の奥の森にはニホンサクラソウが群生している場所があり、毎年この季節にはウォーキングによる観察会が行われています。最近では全国的に野生の群落は減っているのだとかで、なかなか見ることのできない貴重な花畑とも言えそうです。

110518_水辺に咲く

 2011年の観察会は5月18~24日の毎日2回開催。
 小岩井農場まきば園ホームページ:http://www.koiwai.co.jp/makiba/

110518_菜の花畑

 また現在、菜の花も見ごろを迎えています。
 園内で運行しているトラクターバスや農場散策で行くことができる菜の花畑は特におすすめ! 晴れていれば岩手山をバックにした眺めを楽しめます。
 

110518_サクラソウ




花の名所 | 21:56:34 | Trackback(0) | Comments(0)
サクラサク 2011.5.9
 ゴールデンウィークには間に合いませんでしたが、小岩井農場の桜が見ごろになりました。

110509_一本桜

 小岩井農場の一本桜も満開宣言が出ました。
 日中の気温が上がり、開花したと思ったらあっという間に咲ききってしまった感じです。

110509_中丸の小屋

 平日のためか極端な混雑もなく、ゆっくりと遅い花見を楽しみました。
 たくさんのお客さんに見てもらえなかったのはちょっと残念な気もします。

110509_中丸桜並木

 岩手山の残雪もだいぶ少なくなってきました。
 桜が終わると新緑の季節ですね。



花の名所 | 19:50:17 | Trackback(0) | Comments(0)
小岩井農場のミズバショウ
110414_小岩井水芭蕉

 毎年恒例の小岩井農場の水芭蕉観察会が開催中です。
 天気もよく、たくさんの水芭蕉に会えました!
 楽しい時間を満喫しました。

 小岩井の水芭蕉はちょっと小ぶりで、写真だと一見密度が低い感じになってしまいますが、群生地がかなり広くて株数が多いです。ぜひ実際に参加して、見てほしい場所です。

110414_田舎のかほり

 コース途中の畑には堆肥が積んであって、田舎の香り(?)が漂っていました。
 これもまた、春の光景であります。

110414_水芭蕉

 例年より雪解けが少し遅いようで、花も1週間くらい遅いかなという感触です。
 震災の後も季節と自然はまた同じように巡ってきているのだなあと思いました。
 この日は見ごろになっている場所とちょっと早いかなという場所がありました。こちらの観察会は今週いっぱいの予定ですが、見ごろ自体はもうしばらく楽しめそうな雰囲気でした。

110414_水辺に並ぶ

 こちらの群生地は農場内の非公開エリアなので、観察会(スペシャルウォーク)への参加が必要になります。
 2011年は4月17日まで開催中。

 詳細は小岩井農場まきば園のホームページでご確認ください。
 ブログ「まきばの散歩道」に写真もアップされているようです。

◆小岩井農場まきば園:http://www.koiwai.co.jp/makiba/



花の名所 | 11:43:12 | Trackback(0) | Comments(0)
サクラガサイタ
 ようやく小岩井農場の桜が咲きました。
 例年だとGW中がちょうど見ごろになるのですが、今年は連休明けの開花です。しかも5、6日と暖かかったためか、開花したと思ったら一気に満開になってしまいました。

※写真は2010年5月6日撮影です。

100506_上丸牛舎

100506_牛と桜
 牛は花より団子(牧草)のようですが…。

 そしてすっかり有名になった「小岩井農場の一本桜」も開花しました。6日は薄曇りだったこともありちょっと分かりにくいのですが、夕方の時点で5分咲きくらいかという感じでした。
 桜の開花状況は小岩井農場のHPで確認できるようです。最新情報はそちらでどうぞ。

(7日に満開になったと記載されていました。本当に、咲き始めるとあっという間です)

100506_一本桜

 連休に間に合わなかったのは残念ですが、その分混みすぎることもなくゆっくり花見を楽しめる…かな?

 近くにある『花工房らら倶楽部』前の弘法桜も満開です。
 夜のライトアップもしてとてもきれいでした。

100506_弘法桜

 桜が咲くと、急に周囲が華やいだ雰囲気になりますね。
 春だなあ。



花の名所 | 23:44:46 | Trackback(0) | Comments(0)
小岩井の水芭蕉群生地
 4月10日の土曜日、小岩井農場のミズバショウ観察会に参加してきました。

100410_小岩井水芭蕉

 5万株ほどの大群落とのことですが、普段は立ち入り禁止の場所ということで、観察会に参加しないと見に行くことができません。
 この日は穏やかな天気で、咲き始めたばかりの水芭蕉に出会うことができました。

100410_水芭蕉

 全体的に小ぶりでかわいい水芭蕉でした。
 花は中心の黄色いヤングコーンのような形の部分で、花のように見える白い部分は葉が変形したもので仏炎苞(ぶつえんほう)と呼ばれます。この仏炎苞が二枚ある、ちょっと変わった株が目立つのも、こちらの観察地の特徴です。

100410_水芭蕉と座禅草

 中にはザゼンソウの姿も。
 きれいというよりは不思議な色と形という感じですが(失礼…)、ふきのとうと並んで、春の訪れを感じさせてくれる花です。
 これからあちこちの水芭蕉の名所も見所を迎えて、その後もカタクリや桜と次々と花が咲き始めます。見に行くのが楽しみな季節ですね。

 小岩井農場の観察会は今週末の4月17、18日にも開催されます。


※以下小岩井農場まきば園HPより引用
http://www.koiwai.co.jp/makiba/dayori/2010/04/post-152.html
☆5万株のミズバショウ群落大公開!
●開催日 2010年4月10日(土)・11日(日)・17日(土)・18日(日)
●開催時間
 午前版 10:00スタート~12:00終了
 午後版 13:30スタート~15:30終了
●定員  各回50名
●参加料 中学生以上700円、5歳~小学生500円
●内容 森の中で守られてきた「ミズバショウ大群落」にガイドがご案内、お話を聞いたり写真撮影を楽しみます
●参加方法 まきば園までお電話でお申し込みください(019-692-4321)
●持ち物 森や湿地帯へご案内しますので長靴を履いてきてください





 ちなみに秋田県仙北市の水芭蕉の名所、刺巻湿原の「刺巻水ばしょう祭り」も始まりました。
 こちらの湿原は駐車場に加えて遊歩道が整備されていて、気軽に観賞できます。国道46号線沿いでアクセスもよいので、田沢湖エリアの観光のついでに足を伸ばすのもオススメです。(当ペンションからは車で1時間強)
●「刺巻水ばしょう祭り」平成22年4月10日(土曜日)~5月4日(祝日)
●仙北市HPの情報ページ
http://www.city.semboku.akita.jp/event/event.php?id=223

花の名所 | 01:13:43 | Trackback(0) | Comments(2)
弘前の桜
090420_桜の回廊

 4月20日、弘前に桜見物に行ってまいりました。

 まだちょっと早い感じでしたが、咲きかけの桜を堪能しました。

090420_弘前城本丸

090420_4分と7分

 濠を挟んで片側だけ咲いています。日当たりが違うのでしょうか。
 ちなみに記事の一番上の桜のトンネルは、この写真の右側の場所です。

090420_岩木山

 薄曇りでしたが、岩木山も見えました。残雪がきれいです。

090420_石垣と

090420_枝垂桜

090420_本丸付近

 私たちはお昼ごろに着いたのですが、夕方に帰る頃にはさらに開花が進んだようでした。
 週末には見ごろになって混雑しそうです。


 なお地元の小岩井農場の桜のほうは、数日以内に開花しそうです。
 今週は気温が低めなようなので、満開まで少しかかるかもしれませんね。それにしても青森県より遅いというのは、なんだか不思議な感じもします…。

花の名所 | 23:13:12 | Trackback(0) | Comments(0)
白木峠のユキツバキ
 五月晴れに誘われて、ドライブに出かけました。
 目的地は西和賀町(旧湯田町・沢内村)です。以前、旧湯田町と秋田県境にある白木峠にユキツバキの群落があると聞いていたのですが、ちょうど新聞に記事が出ていたこともあって、見に行くことにしました。

白木峠入口

 ほっと湯田駅に隣接する観光案内所で場所を聞いたら、簡単な案内図をもらうことができました。国道107号線から西和賀町(旧湯田町)越中畑地区の細い道に入って少し行くと、峠の入り口に着きます。国道からはすぐでしたが、ちょっと分かりにくいかも…。
 よく知りませんでしたが、義経ゆかりの歴史ある街道とのことです。
 地元では人気のハイキングコースだそうで、傾斜もゆるくてしっかりした歩きやすい道でした。

林間のユキツバキ


 遊歩道を歩き始めると、すぐに自生している雪椿が目に入り始めます。
 入り口の看板には「5月中旬頃が見ごろ」とありましたが、今年は早く咲いてしまったようです。残念ながら花が広がったり落ちてしまっているものが多かったです。
 それでもたくさんの木があるのが分かりました。山の中にこんなふうにたくさんの椿が自生して咲いているというのは初めて見たので、なんだか不思議な光景です。

ユキツバキ


 終わりかけていますが、かなりたくさん花をつけている木もありました。


ツバキと緑

 ユキツバキは本来は日本海側の雪深い地域に自生している木なのだとか。
 西和賀も豪雪地帯なので、きっと環境が似ているのでしょうね。

オオカメノキ

 ユキツバキ以外にもオオカメノキの花もあちこちに見かけたほか、エンレイソウやスミレがたくさん咲いていました。また終わりかけたカタクリやキクザキイチゲなどもあって、もしかしたらツバキとこれらの花期が一緒なのかなとも思いました。

白木峠遠景


 木々の合間から遠くの山が見えました。焼石連峰でしょうか。

 今回は途中で引き返しましたが、峠の頂上からの眺めは絶景なのだそうです。
 いつかまた来てみたいものです。


<参考>
●北上横手地域広域連携推進協議会(湯田町企画情報課内)
  TEL. 0197-82-2111 FAX. 0197-82-3111
  http://www.kitakami.ne.jp/~hot/index.html
●西和賀町観光協会
  TEL 0197-81-1135 FAX 0197-81-1136
  http://www.yamanoideyu.com/

花の名所 | 23:34:02 | Trackback(0) | Comments(0)
弘法桜と小岩井農場の桜(08.04.22)
 雫石町の一本桜「弘法桜」が満開です。

弘法桜満開


 現在、ライトアップされています。見事な枝ぶりです。
 写真も携帯カメラやコンパクトデジカメで撮っている人がほとんどで、三脚と一眼レフが並んでいるということもありません。地元の人が仕事帰りに立ち寄るといった感じの、穴場的な一本桜です。

(ライトアップの日程や時間帯は、町役場等にお問合せください)

 また、小岩井農場の桜も咲き始めました。
 開花したとたんに、一部はもう見ごろの様子です。

小岩井桜並木

 GWまでもつのでしょうか…。
 商売柄としてはもうちょっとのんびり時間をかけて咲いてほしいところですが、こればかりはどうしようもありませんね。

 こちらは「小岩井農場の一本桜」。

一本桜開花かな

 わかりにくいですが、つぼみが開き始めたようです。見ごろはもう数日先でしょうか。
 ところで、弘法桜のところで会った滝沢村のかたが、「小岩井の一本桜って、もう散ったんじゃなくて、まだ咲いてなかったんですか」と驚いていました。街中はもうどんどん散っているそうです。本当に早いですね。




花の名所 | 23:54:58 | Trackback(0) | Comments(0)
次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。