■プロフィール

Pさんりんしゃ

Author:Pさんりんしゃ
岩手高原や小岩井農場近辺の四季や情報をお届けします。

※検索で来られた方へ。
最新情報はブログのトップページからご覧いただけます。

お問合せ
 ・電話 019-693-2311
 ・email メールフォーム

当ペンションの施設等については、HPをご覧ください。
●PENSIONさんりんしゃホームページ

■旅行予約


楽天トラベル◆当宿の予約ページへ



じゃらんnet◆当宿の予約ページへ

※Pさんりんしゃ ℡.019-693-2311

■リンク
■お気に入りサイト
■カテゴリー
■最近の記事
■最近のコメント
■ブログ検索
■天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■月別アーカイブ
■最近のトラックバック
■count
■ブログ内検索

■RSSフィード
■Tools
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
2008年 岩手雪まつり情報
 毎日寒い日が続きますね。
 先日、網張温泉スキー場に滑りに行きました。第三リフト頂上は凍えるような寒さでしたが、最高のコンディションのゲレンデと素晴らしい眺めを楽しんできました。

網張


 寒くて雪かきも大変な季節ではありますが、そんな寒い冬を楽しむイベント『岩手雪まつり』がもうすぐ始まります。

 毎年、小岩井農場まきば園で開催される岩手雪祭りは今年で41回目。昨年は雪不足に泣かされましたが、今年は順調に雪像制作が進んでいるようです(まきば園HPの雪像制作ニュースへ)。
 雪像だけではなく、大きな雪の滑り台やたくさんの屋台、かまくらで食べるジンギスカン、ステージショーや夜の花火など、見て遊んで楽しめる岩手の冬の一大イベントです。

 ちなみに、大人気の雪まつり花火大会は2月8日19:30~。ライトアップされた雪像のすぐそばで迫力ある花火が打ち上げられます。花火大会の日は毎年激しく混雑しますので、早めにお出かけください。

第41回岩手雪まつり -雪の森の音楽会-
開催期間:2008年2月2日~11日(プレオープン:2月1日)
会場:小岩井農場まきば園
入場料金:無料
問い合せ先:岩手雪まつり実行委員会事務局(小岩井農場まきば園内)
〒020-0507 岩手県岩手郡雫石町丸谷地36-1
TEL019-692-4321 FAX019-692-0303
岩手雪まつり特設ページ(イベント日程等):

http://www.town.shizukuishi.iwate.jp/kankou2/festival/snowfes/index.html

※会場へは通常の路線バスに加え、増便して臨時シャトルバスが運行されます(有料)。
  →いわて雪まつり会場へのアクセスマップ、シャトルバス料金・時間


スポンサーサイト
お知らせ | 20:12:40 | Trackback(0) | Comments(0)
『岩手の渓流と釣人』開催中
冬の有根沢

 岩手県立博物館では、現在テーマ展『岩手の渓流と釣人』を開催中です。

 実は当ペンションにも博物館の学芸員のかたが話を聞きに来ました。
 実際に見に行ってから紹介しようと思っていましたが、なかなか機会がありません…。期間が終わってしまいそうなので、とりあえず企画展の内容だけ。
 岩手県立博物館は、盛岡市の四十四田ダムそばにある松園ニュータウン内にあります。興味がありましたら、行ってみてください。

※以下は博物館HPより引用・抜粋

テーマ展 『岩手の渓流と釣人』
11月23日(金・祝)~平成20年2月11日(月・祝)
岩手の美しい渓流と生き物たち、渓(かわ)に魅せられた釣り人たちと盛岡竿・盛岡毛鉤など創造性あふれる道具等を紹介し、釣り人の視点から見た人と川の関わり方を考えます。

展示内容
■プロローグ
 ピンホール写真や写真家の米澤豊氏(盛岡市在住)による、県内各地の川の水中写真

1 渓流で出会ういきものたち
 渓流というフィールドで釣り人がよく見かける、或いはとても気にかけているいきものたちを剥製やパネルで紹介。

2 岩手にはいい川がある
 釣り人やそこに棲むいきものたちにとっての「いい川」とはどのようなものなのか。

3 岩手には優れた釣人がいる
 ここで言う釣人とは、優れた技を持つ釣りの達人と釣り道具の製作者のこと。盛岡竿や盛岡毛鉤などの伝統的な道具類、県内で製作されているハンドメイドの洋竿やフライ(西洋毛鉤)・ルアーなど。

4 釣りと環境保全
 水質汚染、生態系への配慮に乏しい開発や工事、外来魚の無断放流、釣り人の増加による乱獲等々…現在の川に山積する課題に対する県内の内水面関係組織や釣り人の団体が行う環境保全活動や釣り振興事業などを紹介。

■ エピローグ



・岩手県立博物館
〒020-0102 岩手県盛岡市上田字松屋敷34番地
電話 019-661-2831 FAX 019-665-1214
休館日:毎週月曜(ただし月曜が休日の場合は開館、翌平日が休館)
HP:http://www.pref.iwate.jp/~hp0910/
テーマ展特設ページ:http://www.pref.iwate.jp/~hp0910/exhibition/keiryu/keiryu.htm

お知らせ | 21:51:38 | Trackback(3) | Comments(0)
Happy New Year 2008
あけましておめでとうございます


新年あけましておめでとうございます。
本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。


 今年の年末年始は朝に曇っている日が多く、4日にようやくぼんやりした日の出を見ることができました。多少荒れた日もありましたが、年が明けてからは風もあまり吹かず、穏やかな2008年のスタートです。

 雪が降った後も気温が低かったため、お客さんに聞くとスキー場も雪質がよかったとのこと。小学生がリフト券無料ということで、岩手高原スノーパークに滑りに行かれたお客さんもたくさんいらっしゃいました。
 ちなみに以前は年末年始というと目的はスキーやスノーボードでしたが、最近はけんじワールドに遊びに行ったり、のんびりしてから帰りがけにショッピングセンターの初売りに行かれたりする場合も多いようです。正月休みの過ごし方もいろいろですね。

 さて、2008年はどんな年になるのでしょうか。
 みなさんにとって良い一年になりますように。

冬の風景 | 15:23:00 | Trackback(0) | Comments(0)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。