■プロフィール

Pさんりんしゃ

Author:Pさんりんしゃ
岩手高原や小岩井農場近辺の四季や情報をお届けします。

※検索で来られた方へ。
最新情報はブログのトップページからご覧いただけます。

お問合せ
 ・電話 019-693-2311
 ・email メールフォーム

当ペンションの施設等については、HPをご覧ください。
●PENSIONさんりんしゃホームページ

■旅行予約


楽天トラベル◆当宿の予約ページへ



じゃらんnet◆当宿の予約ページへ

※Pさんりんしゃ ℡.019-693-2311

■リンク
■お気に入りサイト
■カテゴリー
■最近の記事
■最近のコメント
■ブログ検索
■天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■月別アーカイブ
■最近のトラックバック
■count
■ブログ内検索

■RSSフィード
■Tools
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
地震について
 震災の被害に遭われた皆様にお見舞い申し上げます。

 今回の地震について状況をご報告します。
 当ペンションでは、11日の地震直後から発生していた停電と断水が13日昼に復旧しました。
 ライフラインの重要性を痛感した、長い二日間でした。

 当ペンションがあるのは岩手県の雫石町。岩手県内陸部で、秋田県との県境にあります。
 地震発生時の揺れは相当なものでした。しかし悲惨な状況が報道されている沿岸部と比べて、物が落ちたり倒れたりという被害はまったくと言っていいほどありませんでした。

 後から関東の親戚に話を聞くと、いろいろなものが落ちたり動いたり屋根瓦が落ちたりしたとのことです。
 反対に、青森の知人はせいぜい本が落ちた程度とのことでした。
 地震の揺れによる被害だけで見ると、今回は東北よりも関東の方がひどいのかなという印象です。

 電気がないので、テレビは見られず、情報はもっぱらラジオが頼りでした。懐中電灯も使うため、乾電池をけっこう使いました。足りない分はテレビのリモコンから外して補ったりしました。
 暖は電気を使わない灯油式のダルマストーブで取りました。30年近く前から使っているものですが、やかんをかければお湯も沸かせて、こういうときにはとても頼りになる器具です。
 ガスはプロパン式で問題なく使えました。
 食材も備蓄があり、食事には不便はありませんでした。
 水は止まるまでに時間があったため、浴槽とポリタンクに水を貯めました。11日夜には水道が止まりました。水はあってもボイラーが点けられないので、入浴はできませんでした。

 停電のために電話、インターネットは使えない状態になりました。
 携帯電話も電話はほとんどつながりません。
 唯一可能だったのは携帯メールです。送受信ともできました。

 アドレスを知っている相手とはすぐに安否の連絡を取ることができて、予約のあったお客様にも連絡することができました。ただ携帯のメール機能を普段は使わないためアドレスを知っている相手がほとんどおらず、少なくとも親戚とはアドレス交換をしておけばよかったと後悔しました。
 その携帯電話も、充電ができないため電池があっという間に切れ始め、さらに12日には基地局のバッテリーが切れるかしたのか、全て圏外状態になりました。携帯メールで連絡を取れるのも早いうちなのだと知りました。

 13日に初めてテレビを見て、ようやく今回の被害の映像に接することができました。
 津波被害の凄まじさには愕然とするばかりです。通ったことのある道路、訪れたことのあるあの町の、食事をしたあの店がないのかもしれないと思うと、まだ信じられないような気持ちです。

 今回、私たちは大きな被害もなく、今は普通の生活ができるレベルになっています。
 一方で被災した方、特に沿岸で被害に遭われた方は今も不便な生活を強いられていることと思います。
 一日も早い復興を心からお祈りいたします。

スポンサーサイト
その他 | 20:36:42 | Trackback(0) | Comments(8)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。