■プロフィール

Pさんりんしゃ

Author:Pさんりんしゃ
岩手高原や小岩井農場近辺の四季や情報をお届けします。

※検索で来られた方へ。
最新情報はブログのトップページからご覧いただけます。

お問合せ
 ・電話 019-693-2311
 ・email メールフォーム

当ペンションの施設等については、HPをご覧ください。
●PENSIONさんりんしゃホームページ

■旅行予約


楽天トラベル◆当宿の予約ページへ



じゃらんnet◆当宿の予約ページへ

※Pさんりんしゃ ℡.019-693-2311

■リンク
■お気に入りサイト
■カテゴリー
■最近の記事
■最近のコメント
■ブログ検索
■天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■月別アーカイブ
■最近のトラックバック
■count
■ブログ内検索

■RSSフィード
■Tools
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
わらびの季節
2006_06_03_わらび
わらび(2006.06.03)

 少し前の写真ですが、人気の山菜・わらびです。
 この写真のわらびはちょうど出たばかりで、採りごろにはもう少し。食べておいしいのはもちろんですが、太いわらびを根元のあたりからポキポキ折る感触もなんとも言えず楽しみです。
 これからまっすぐ立って、先端の握りこぶしのような部分が開いていきます。開ききった葉は、シダ植物独特の形をしています。

 ところで、ワラビと言えば発ガン性があるという話も聞きますね。
 Wikipediaに面白い話が出ていました。

(以下この色の部分Wikipedia「ワラビ」項目より一部引用)

 牛や馬、羊などの家畜はワラビを摂取すると中毒症状を示し、また人間でもアク抜きをせずに食べると中毒を起こす。毒成分はプタキロサイドで発癌物質でもある。また、調理したものであっても大量に食べると体じゅうが大量出血症状になり、骨髄がしだいに破壊され死にいたる。しかし、ワラビ中毒がきのこ中毒のように問題にならないことから判るように、副食として食べている程度ならば害はない。またアク抜き処理をすればプタキロサイドはほとんど分解する。ワラビでがんを発病するためには、1度にトラック1杯分のワラビを摂取しなければならない。(引用ここまで)

 1度にトラック1杯分…。
 なかなか食べきれる量ではなさそうです。

 当宿では、あくを抜いてからめんつゆと千切りのしょうがで和えていただくことが多いです。しゃきしゃきした歯ざわりと、独特のぬめりを楽しめます。
 他の山菜も加えて、山菜おこわにしても美味しいですね。



春の風景 | 01:23:31 | Trackback(1) | Comments(4)
コメント
ワラビ大好きです
自生のワラビは採取出来ないので、いつも購入するばかり。良い環境で羨ましいです(^o^)
2006-06-28 水 09:50:00 | URL | HAL_lohas [編集]
>HAL_lohas様
はじめまして。コメントありがとうございます。
山なので反対にそれぐらいしかとりえがないとも言えるかも…? 都会ではなかなか難しいのでしょうね。当地は市街からも比較的来やすい場所なので(車で30~40分)、街から採りに来ているかたもよく見かけます。
そろそろこちらもわらびシーズンが終わって夏めいてきました。
2006-06-29 木 12:19:29 | URL | Pさんりんしゃ [編集]
驚きました!
ワラビについて調べていたら、私のブログのテンプレートと同じだったので驚きました。 山火事の後、良いワラビが出るって本当ですか?
2009-01-20 火 21:50:53 | URL | 給食のおじさん [編集]
>給食のおじさん様
コメントありがとうございます。
拝見しましたが、確かに同じテンプレートですね!
わらびが出る環境は詳しくないので分かりませんが、日当たりのいい草地のへりや道路わきの斜面などでよく見かける気がします。もしかしたら山火事や野焼きのあとも、似たような環境ができるのかもしれませんね。
2009-01-21 水 20:11:38 | URL | Pさんりんしゃ [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

・紫ワラビと青ワラビ
6月になるとワラビ採りのシーズンとなります。 今日は普通の原っぱに生える青ワラビ... 2006-06-16 Fri 10:31:17 | 自然に魅せられるブログ.Jr

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。